薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 適度な節電を

適度な節電を

経済産業省がプレゼント企画を催してまで各家庭単位での節電もあおっている2011年の夏

確かに節電は重要です

が、体を壊してまでする節電は問題ですよ!!


まずはエアコンを使いましょう

熱中症をおこす境目の気温は28度

設定温度を28度にして自動運転にしてエアコンスイッチオン!

(つけたり、消したりする度に電力はかかってしまうので在宅しているのであればつけっぱなしが電力を抑えられます)

そして除湿機能もあればそれも追加!!

湿度が高いとせっかくの汗の逃げ場がなくなり、体の中に熱がこもってしまいます。

最後にこまめな水分補給!!!

喉が渇いた、と思ってから飲むのでは遅いです。

朝起きたら、出かける前に、出先で、寝る前に、常にぐびぐびと飲みましょう(冷たすぎるのはNG)

電解質飲料もOKですが、甘すぎて…といった方はご自身で水に塩やレモン果汁、砂糖を適量くわえて自家製スポーツドリンクもいいですね。糖分も体調管理には大事なものですよ。(自家製のものは1日で飲み切りましょう)

命をおびやかすこともある熱中症

節電に振り回されることなく、上手にこの暑さと乗り切っていきましょう


な~んて書いている私が若干通勤の自転車でかる~く熱中症気味(T_T)今さらですが、首に巻くタイプのネッククーラーを買ったのでこれを首に巻いての通勤に切り替えました(自宅ではタオルにアイスノンで誤魔化してた^^;)

◆熱中症そのものについては当サイトの熱中症の記事も参考にしていただければ嬉しいです^^


最後に・・・

ちょっと話はそれるけれど、なんで去年より15%削減できた家庭にプレゼント企画があるんでしょうかね?過去に15%も無駄に電力を使っていただけでは?と我が家のようにこれ以上節電できない家庭は疑問です…

常日頃から節電を意識していた家庭はもちろん、新生児や乳幼児、高齢者や体調不良の病人を抱えている家庭の方、今まで無駄に電力を使っていた方に節電は任せて、ストイックにならないようにしてくださいね。


powerd by 楽や



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門