薬剤師ゆうの薬の話 » こどもの薬と病気の話 » イナビルの吸入笛ができたとしても吸えるとは限らない

イナビルの吸入笛ができたとしても吸えるとは限らない

なんだかもうセンスのない長ったらしいタイトルですみません

考える気力がない^^;

ということで、今回のテーマはインフルエンザの吸入治療薬のイナビルの話ではなく、”イナビルの笛”がテーマです。

イナビルの笛とは、これ★

 ina.jpg


薬局によりけりだけど、もしかしたらお子さんにイナビルが処方された時に、”この笛で音が出ますか?”と聞かれることがあるかもしれません。(病院でもやってくれるかな?)

これはイナビルがきちんと吸えるかどうかの判断材料の1つとなっています。

通常の笛と違って、”吸うと”笛の音がします

ちなみにもうすぐ5歳になる4歳のわが娘は最初は音が出ませんでしたが、何度か繰り返すうちにコツをつかんだようでなんともはや微妙な音が出るようになりました。

これは”大きく吸わないとならない笛”なんです。

なので子供には難しいもの。

でも、この笛で音がでたからといってイナビルが吸えるかというとか~な~り疑問

普段からぜんそく気味で吸入はバッチコイ!って感じの7歳の男の子はそれはそれは上手に鳴らしていました。

が、いざイナビルを吸ってみると、粉感が不愉快だったせいか大きな口をあけてむせこみ、宙に舞うイナビルの粉・・・

8歳の女の子はイナビルを吸った瞬間”音がでない~”と喋ってしまいこれまた宙にまうイナビル。。。
(イナビルは吸っても音はしません)

上手に音が出ても、歯にくっついたりしてきちんと粉が奥まで吸い込めていないお子さんが多い気がします。

ということで、あくまでもこの笛は目安です。

これをやることでイナビルがきちんと吸えるかというと微妙です。

ってことを、先日対応している病院のドクターへお話してきました。

確かにタミフルが効かないウイルスもあるということでタミフルやリレンザといった吸入薬が注目を浴びていますが、やはり子供にはまだまだしっかり飲むタイプのタミフルがベターなのかな、と思っています。

(抗ウイルス剤を飲むかどうかの問題はさておき)

イナビルの笛ができても、イナビルが吸えるとは限らない

こんな結論で、第一三共さん、ごめんなさいm(_ _)m




よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門