薬剤師ゆうの薬の話 » 特定健康用食品(トクホ)の話 » ボスグリーン(微糖コーヒー)

ボスグリーン(微糖コーヒー)

トクホのコーヒー"ボスグリーン"を試飲する機会があり、コーヒー苦手な私&ブラックコーヒー派の夫が試してみました。

coffee.jpg


世の中なんでもかんでもトクホと名がつけばそれでいいのか?と突っ込みたくなるけれど(ペプシのトクホだって発売されているこの世の中。いくらトクホと名がついてもやっぱり糖質まんさいの飲料の多飲は避けたいもの)、コーヒーのトクホです。

ボスグリーンに含まれているのはコーヒー豆に含まれる食物繊維の一種の"コーヒー豆マンノオリゴ糖"


脂肪の吸収を抑える成分が含まれているゆえに、体脂肪が気になる方へのコーヒーとして発売されています。


コーヒーの苦みを保ちつつ、効果も併せ持つ

そのバランスがサントリーオリジナルといった感じでしょうか。


缶コーヒーの表示をみると一番含有量が多いのは牛乳、次にコーヒー

そして人工甘味料も含まれていたりするので、いくらトクホといっても大量摂取は避けたいもの。

また場合によってはおなかがゆるくなることもあるので要注意です。

あくまでも1日1本ですよ!

そんなトクホコーヒー"ボスグリーン"の気になるお味はというと。。。

コーヒー牛乳は飲めるけれど基本的にコーヒー苦手な私:一口目は一瞬"おっ、コーヒー牛乳?いけるかも"

でもやっぱりコーヒー

とはいえ苦み走った味ではないし、185gとミニ缶ということもあり飲み切るのは苦にならず、飲み終えた後の胃のもたれも感じず

ブラックコーヒー派の夫:う~ん、やっぱり缶コーヒーだけあって甘い。。。

微糖と謳ってあっても普段ブラックで飲んでいる夫には甘いそうです


気になる方は、お試しあれ^^



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門