薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 職場を1ヶ所にしました

職場を1ヶ所にしました

あっという間に5月

5月から私の勤務体系が変わりました。

今までは土曜はA薬局で1日勤務、そして平日はB薬局で週1~2日の短時間勤務

これで年収130万内ギリギリに抑えて働いてきました。

A薬局には出産後からお世話になっていましたが、色々考えた結果、長期休み等で便宜を図ってくださるB薬局への恩返しという気持ちも込めて、これからの土曜はB薬局で半日勤務をすることにしました。

働くということは時間、労働の対価としてお給料を頂くわけで、決して良いこと、楽しいことばかりではありません。

理不尽なこともあります。納得いかないことも多々あるでしょう。

でもやっぱり私には納得できないことがあったA薬局

面接の時との説明とまったく違うことが分かった勤務初日から色々思うところはありましたが、それも仕事。

なんといってまだまだ乳飲み子同然の子供を抱えてパート勤務させてくれるところは少ないこともあり、割り切っていました。嫌な言い方をすれば、私もこのA薬局をある意味利用していたといってもよいでしょう。

が、私の中の小さな倫理観、正義感というのでしょうか、やっぱりここだけは譲れない、という部分でどうにも納得できないことが連続して判明し、社長に直談判するもきちんとした見解を出してもらえず、結果退職することにしました。(直談判の時に既に退職するつもりでした)

私自身は全く得もしてなければ損もしていないことだったけれど、今までの不信感が限界にきて働く気力が失せた、といったところでしょうか。

同じような気持ちのスタッフは他にもいて結果、薬剤師、事務含めて6人中4人が相前後して退職

元々私の旦那はA薬局での勤務状態に納得していなかったので大賛成の中での退職^^;

悔やまれるのはご挨拶しきれなかった患者さん方の存在。

どたばたと見慣れたスタッフがいなくなり、次にきたスタッフも2週間で辞める。。。こんな薬局に患者さん方もさぞ違和感を感じていると思うと本当に申し訳ない気持ちで一杯だけど、それを感じられない雇用主なので致し方ないのです。

本当に職場のスタッフ、患者さんには恵まれた薬局でした。

いつまでもこんなことをやっていては問題になるのは時間の問題、裁判になったら確実に負けます、と伝えてはみたけれど、どれだけ社長に伝わったことやら。。。

なんだかすっきりしない辞め方になってしまったけれど、B薬局に土曜勤務可能な申し出をした時に歓迎されたのがせめてもの救い

少しはB薬局に恩返しができそうでほっと一安心です。

正直なところ、収入はかつてないくらいのダウンですが、今年度は仕事を減らすと決めていたから、ちょうど良かったのかな?

A薬局を退職し、B薬局での土曜勤務までの間2回ほどお休みを頂いているので、少し家族の時間を満喫しようと思っています。

まず最初の予定はGWの後半に実行できなかったお弁当をもって公園でピクニックのリベンジです^^

なんだかやたらと濁した感じの書き方になってしまったけれど、そんなこんなな近況報告でした。




よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門