薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 学生実習は大人verキッザニアか?

学生実習は大人verキッザニアか?

薬学部5年生の学生実習の受け入れが始まっています。

私は指導資格ももっていないし、学生も驚くくらいの超短時間勤務なもんで、ひたすら実習生を相手にする分薬局としてのマンパワーが減ってしまう分をフォローする働きです。

というか、無駄に口をきいてなんでもかんでもセクハラ、パワハラ発言にされたらかなわないよね、という裏事情があるのです。

他の道府県はどうか分からないのですが、東京都に関しては東京都薬剤師会から学生実習を受け入れるにあたり、こういったことをしてはセクハラよ、パワハラだからね、みたいな箇条書きリストパンフがあるんですね

かなりうろ覚えなんだけどその内容は

・自宅の場所をきかない、年齢をきかない
・帰りに何か用事があるかきかない
・2人きりにならない
・彼氏彼女の有無をたずねない
・私服について色々たずねない  etc

まぁ、あるわあるわ、びっくり

確かにそれはそれでわかる内容もあるけれど、はっきり言うとこちらだって聞きたくて自宅のエリアを聞いたりしないですよ。(過去に何気なく聞いたことある私)

ある程度緊張しているであろう学生をリラックスさせるべく、こちらが気を使ってどうでもいい会話(はっきり言ってこちらも学生に興味はもっていない)でコミュニケーションをとろう、という大人な対応をしたりすることもあるのに、それをひとまとめにセクハラになるなんて言われちゃったら、後々面倒なことにならないためにも無駄口はきかないよ、。。。となるわけです。

あとは注意の仕方

これもやり方によっては学生側としてはパワハラと受け取られる可能性もなきにしもあらずなので注意が必要になるわけでして。。。

ということで、結果無口になる私

完全に指導担当者に任せっきりで、指導薬剤師から何かを聞かれたときにだけ指導薬剤師を介して学生と話す程度にとどめております。

現在の私はパートなんでこの程度ですんでいるけれど、指導薬剤師の気の使い方は半端じゃないわけでして、なかなか受け入れる側も大変だな、と過去の病院での学生実習の受け入れの時を思い出したりもしていました。

でも、現在のように学生実習が義務になってから、学生は守られているな、と感じます。

だって、正直なところ実際に働き始めたら理不尽なことばかりじゃないですか

あからさまなセクハラはともかく、パワハラもどきのことなんて大学病院のような体育会系病院ではザラでしたよ。だからといって、その時は注意されたことにどうすべきか考えるのに必死で訴えようなんて考えたこともなかったし。

それをいまから純粋培養じゃないけれど、なんていうか守りすぎていいことあるの?と思ってしまうんだけれども、所詮、学生さんはお客様
(実習のためにお金を払っているわけだからね)

キッザニア~大人ver.~体験をしていただいていると思えば、これらのセクハラ対応を含めての腫れ物に触るような丁寧な扱いもわからないでもない、、、と思うことにしている私

ということで、たとえ学生さんの挨拶や返事がものすっごい小さい声すぎて聞き取れなくても、聞こえているふりしている大人?!な私
(保身に走っているともいう^^;)

挨拶の声くらいもっと大きな声だせよ、と心の中で毒吐いております^^;

とまぁ、受け入れる側の好き勝手なことを書いたけれど、個人的にはいろいろな現場をみて、長く務めるのは専門性が求められる病院に勤めるのか、オールマイティな薬剤師となるべく薬局がいいのか、在宅にまい進するのか、はたまた情報提供というMRか、開発すべく研究職になるのか、いろいろな方向性を見定めるきっかけとなる実習になるのを切に願っております。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門