薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » パート薬剤師の収入の考え方

パート薬剤師の収入の考え方

一般の正社員であれば、転職時に年収のUPせめてkeepは必須条件でしょうが、パート薬剤師であればさほど変化はないかと思います。

私もほぼ似たような時給で推移しています。
(勤務先によって土曜はupしたとこもあれば、特に差をつけない薬局など様々でした)

派遣会社の担当者が勤務条件や時給など折衝してくれますが、とにかく最優先事項が突発休OK、自宅からの距離だったので、転職時に時給の希望を出したことはありません。

もちろん自身の中では年収ベースで考えたいのですが、あいにく今の私の状況を考えるとなかなか難しく、、、

ひとまず働かせていただいています、ありがたや状態(苦笑)

ただ、ちょうど2016年10月の労働法改正時期が転職時期にあたったこともあり、いくつか考えたことがあります。

扶養から抜けて働きたいけれど、フルタイムほど働けない場合はいっそのこと従業員が501人以上の大手に努めて週20時間以上働くというパターンもありだな、と。
(すぐには社保には入れず、1年以上の継続勤務が必要条件の1つです)

一瞬このパターンでの転職も考えたのですが、生憎のところ子供の長期休暇の預け先の確保が付かなかったこともあり断念

世の中の薬局を見まわすと、なかなか従業員501人以上の薬局は少なかったり、また雇用主の考えもあり社保に入るには正社員のみという縛りがあったりして、自分で国保に入って扶養から抜けるパート薬剤師、というパターンも見受けられます。

がやはり、年単位で考えると税金等の持ち出し部分の金額も多いようでなかなか難しいところ。(旦那さんの勤め先によっては扶養手当もなくなるわけだし、それなりに稼がないと、とスタッフ談)

将来的にこの法律がどうなるか分からないけれど、このあたりの労働法は今後も目が離せません。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門