薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 2015年の春

2015年の春

あっという間に前回の記事から1ヶ月以上!!

春休み、新学期となんだか母業メインの春を満喫している今日この頃

この1ヶ月の間にはおそらくほぼ常習化されていた薬歴不備が話題になったり、直近では無資格の事務員が調剤を行っていたなんてニュースが印象に残っています。

それらに関して色々思うことはあるけれど(大雑把にまとめてしまうと、薬剤師なんていなくてもいいんじゃない?薬剤師じゃなくても仕事は滞らないんじゃない?みたいな世論にならないかが心配)、それはさておき、個人的な2015年はというと、幼稚園卒園を迎える母としての業がメインとなりそうな気配です。

幼稚園での手伝いはもとより、娘の進学に伴う環境作り、ランドセルや机といったお財布事情が伴う懸案事項、まぁ色々キリがありませぬ。。。

それと同時にあまりパソコンに向かう時間がない上に、年齢に伴う体の変化というか気力、やる気がうまくコントロールできない時もあり、なんとなくダラダラと更新が開いてしまったというのもありますが、ひとまず元気でやっています^^

職場も少しばかりこの4月から環境が変わりましたが、こちらはまぁ意外と?!順応性のある私なのでなんとかなるかな、と。

というか、そのくらいの心の逞しさ(もちろん体の逞しさも必要^^)をもっていないと子育てしながら(=常に頭を下げながら、いや別に常に平身低頭なわけではないけれど、気持ちとしてはやっぱりバリバリに働けないというか融通が利かせにくいことを申し訳ないな、と思っています)やってられませんね。

仕事は仕事、という感じで割り切ることが一番大事だな、と思っています。

いまは子育て中心というか子供優先ということで働かせてもらっているけれど、今後どうするか、という身の振り方に関しては相変わらず宙ぶらりん

例えば10年後くらいのことを考えてみると、、、

娘は高校生くらいになってるから確実に親である私の出番は減るから働けると思う反面、その時には親が70代に突入し、どういう形で私の出番が登場するかわからず結果、思考停止(苦笑)
(両実家の親はホームに入るといっているけれど、それだってそんなにスムーズにはいかないでしょう)

唯一言えるのは、そういう時に仕事をどうしようか、と悩まず動ける体制にしておきたいなというのが私の希望なんですよね

そんなことが心の奥底に願望としてあるせいか、正社員で勤務するという未来を想像できないんです。

さらには最近話題の院内薬局回帰なんていう事情を読んでしまうと、今後の薬剤師業界がどのような方向に動いていくのかも悩ましい限りですし。

な~んてことを考えてみようとしても、結局は今目の前の生活をこなすことが必死になるあたり、まだまだお気楽な気持ちでいるであろう私です

あまり先の未来のことばかり心配していても仕方ないのでなるようになるだろう、という達観も大事ですね

そんなことをつらつらと考える2015年の春

更新はとぎれとぎれになるでしょうが、よろしくです^^



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門