薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » お薬手帳で薬はもらえません

お薬手帳で薬はもらえません

Comment(0)» Trackback(0)»

”ちょっと、ちょっと”

”はいはい、なんでしょう?”

“俺さ、忙しくて病院行けないんだ、同じ薬だからここで渡してよ?”

と薬局に入ってくるや否や、お薬手帳に記載してある薬品名を指さしながら訴える患者さん


”申し訳ないんですが、処方箋がないと私たちはお薬をお渡しできないんですよ”

”なんで?俺急いでるから早く薬を渡してくれればいいんだよ(怒)”

えっと・・・突っ込みどころ満載の患者さんでしたが、なんとか納得してくださったようで、ブツブツ文句を言いながらお帰りになりました^^;


新人の頃は苦手だったけれど、いくら文句を言われてもできないものはできない、そんな毅然とした対応も必要なんですよね

お薬手帳が普及するのは良いことだけど、こういった勘違いをしている方はこの患者さんだけではないのかもしれません

まず大原則として私たち薬剤師は、医師の処方箋がないと薬を調剤することができません


いくら同じ薬だろうが、毎回同じ薬局で薬をもらっているだろうがなんだろうが、これは法律で決められていることなので、無理なんですね


なのできちんと病院を受診していただくようお話することしかできません


お薬手帳はあくまでもその方の飲んでいる薬の歴史を記録したもの


この手帳で薬を用意することはできませんので、ご注意を!

ちなみにこのお薬手帳、自分が飲んでいる薬の名前を知ったり、私たち薬剤師が重複や相互作用のチェックに使うだけでなく、たとえば他の病院に受診する時に何を飲んでいるかをこの手帳を通じて医師と話すことでスムーズに意思の疎通ができるというメリットもあります


他にもこんな使い道はないにこしたことはないけれど、震災時


こんな時に処置してくれる場所で薬手帳を提示すれば、速やかに同じ薬、もしくは類似した薬を処方してもらえた例もあるんです


白い薬を飲んでいた、といっても白い薬はごまんとあるこの世の中だからこそ、薬の名前を覚えているか、どこかに書いてあるかどうかで薬をつなぐ確率がぐーんと高くなってくるんです

その方の保険負担に応じて料金はかかるけれども、薬の種類が多い方、自分が飲んでいる薬の名前を覚えきれない方、また過去に薬でアレルギー反応などが出た方などには、このお薬手帳はお勧めです




よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"お薬手帳で薬はもらえません"へのトラックバック

トラックバック先URL

"お薬手帳で薬はもらえません"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門