薬剤師ゆうの薬の話 » 薬の話~一般・副作用~ » 血圧の測り方

血圧の測り方

Comment(0)» Trackback(0)»

自宅で血圧を計るように医師から指導されると、まずは血圧計を買わなければいけません。

現在様々な家庭用血圧計が販売されていますが、どんなタイプがお奨めで、どんなタイミングで血圧を計れば良いのでしょうか?

まずは血圧計

指先で測るもの、手首で測るものなど簡単にすばやく計れるものもでていますが、お奨めは

”腕で測るもの”

というのは、体の先端ほど、血圧のブレというのが生じやすく、心臓と同じ高さにした腕で測るほうがより正確な値に近いといわれています。

病院でも腕を圧迫されながら聴診器をあてられて血圧を測定するケースが大部分です。
(これは圧をかけた時、ゆるめた時での音の違いで測定する方法で、自宅血圧計の原理とは異なります)

もちろん指先で測るものは簡便であり、その存在を否定するわけではないのですが、治療を開始し始めた方やこれから買おうかと検討している方には、腕タイプで測るものをお奨めしています。


そして次に大切なのは、計るタイミング

推奨されているのは、1日2回。

朝と夜のできるだけ同じ時間帯での測定です。

計る時のポイントとしては

・座った状態

・腕で測るタイプの場合は、腕の高さを心臓と同じにする(タオルなどで調節してください)

・お手洗いはすませておく

・朝食前(夜は食後1時間以上あけてください)

・適温、静かな環境

・入浴直後・飲酒後・運動後は最低1時間以上は時間をあける

そしていずれの場合も、5~6回くらいの深呼吸を繰り返して、落ち着いてから計るようにしてください。

数値にムラがでることも多々あります。

2~3回計ってみて、差が5mmhg前後であれば平均された数値といえるでしょう。

調剤薬局では血圧手帳という製薬会社提供の血圧を記録できる手帳を無料でお渡ししています。

計りっぱなしにせず、きちんと記録をとり、次回の診察の時に医師に見せるなどして、お役立てください。

powerd by 楽-yah




よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"血圧の測り方"へのトラックバック

トラックバック先URL

"血圧の測り方"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門