薬剤師ゆうの薬の話 » 薬の話~症状~ » 睡眠薬(眠剤)との付き合い方

睡眠薬(眠剤)との付き合い方

Comment(0)» Trackback(0)»

”睡眠薬は飲み始めたらやめられない、ぼけてしまう”と患者さんから言われることがあります。

実際のところはどうなのでしょうか?

そしてどのように付き合っていけばよいのでしょうか?

■”やめられない”

確かに一部の薬では連用による依存性が報告されています。

ただ、現在頻用されている薬は依存性がほとんどもしくは全くない、と言われているものに移行してきています。

眠れないのに薬を飲まないことで日常生活に支障がでてしまうのは辛いことです。ご自身の状態にあった薬が処方されているわけですから、我慢しすぎず服用すべきでしょう。

■”ぼけてしまう”

これは(商品名)ハルシオンなどの短時間型の薬による一時的な記憶障害がこのような形で伝わってきたかと思います。

大量に飲んだりした場合などに一時的に記憶がなくなることがありますが、あくまでも一時的でありその状態がずっと続くわけではありません。

飲んだらすぐに寝てしまえば問題ありませんが、あまり気持ちが良くないと思いますので、そういった場合には医師にその時の症状を伝えて薬を変えてもらうが良いでしょう。

尚、アルコールと併用することで同様の症状が出やすくなりますのでアルコールと一緒に飲まないようにしましょう。

薬を長期飲むことに不安があるかもしれませんが、医師の指示の元で薬を減らしたり、服用を1日おきや2日おきにすることで徐々に減らしていくことができます。

半永久的に飲み続ける薬ではなく、ある一定の時期が過ぎたら調子に合わせて服用できる薬でもあります。

様々な薬がありますので、無理せず、自分に合う薬を探していきましょう。

■どんなタイプの薬があるの?

医師が処方する場合には、患者さんの睡眠状態によって薬を選んでいきます。

例えば、寝てしまえば朝まで寝られるけれども寝つきが悪いというケースには、効果持続時間が短時間の薬、逆に途中で何度も起きてしまうといったケースには中間~長時間タイプの薬が使われます。

こういったように睡眠薬は症状に応じて、それに適した作用時間をもつ薬が選んで使われていきます。

また寝られないという症状以外の症状や一緒に飲んでいる薬によっても薬は変わっていきます。

睡眠薬は身内であっても誰かに渡すことは法律違反です。

どんなに相手が自分と同じような不眠で苦しんでいてもあなたの薬を渡してはいけません。

受診を奨めるのが本当の優しさです。

尚同じ作用時間の薬でも個人により合う合わないといったことがあるので、薬の効果が感じられなかったり、副作用(ふらつき、朝方まで強い眠気が残るなど)がある場合にはきちんと診察時に申し出てください。

■付き合い方の注意

一番注意してほしいのは、自己判断で飲む量を調節しないこと。

予め医師から半分にして飲んでも良い、とか眠れなかったら2錠までなら追加してよい、といったように具体的な指示がでている以外の方法で飲まないことです。

勝手に増量してしまうことで明け方などにふらつきやぼーっとした感じが強く残ってしまうと転倒の原因となり非常に危険です。

また減らしたり、中止してしまうことで逆に不眠がひどくなり、ひいては薬自体に不信感をもってしまってはいけません。

また先にも述べましたが、アルコールと一緒に服用することは、一過性の物忘れなどを引き起こしたり、とメリットはありませんので避けるべきでしょう。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"睡眠薬(眠剤)との付き合い方"へのトラックバック

トラックバック先URL

"睡眠薬(眠剤)との付き合い方"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門