薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 調剤棚の覚え方

調剤棚の覚え方

Comment(0)» Trackback(0)»

”調剤棚の薬の並び方が覚えられません。どうやって覚えてますか?サイト内でいいから答えてもらえますか?”という1通のメールを頂きました

ということで、早速^^


この方の気持ちはよく分かりますよ


処方箋をよむとかなんとかあるけれど、まずはスムーズに薬を取り揃えられないと焦っちゃいますからね

私自身は秋冬を中心にたま~に派遣で働くこともあり、できるだけスムーズに棚にある薬をピッキングできるようにすることには心を配っています

色々な覚え方があるかとは思いますが、私の方法を書いてみますね


ちょっとでもお役に立てると良いのですが・・・


①まずは薬の並び順を知る


原則をおさえたうえで、薬局によって様々な工夫をしていますので、まずは聞くことから始まります。


②最近の処方箋を束で貸してもらう


これが私の新人時代からのやり方です

要は一人シュミレーション

処方箋を1枚1枚みながら、該当する薬があるであろう棚のところまで行って実際に手を伸ばすところまでやるんです。


そうすると私の場合は、”この薬はこのあたり”、と体で覚えることができるようです


③調剤中、わからない薬があったらすぐに聞く


もちろんインデックスを取りそろえているような薬局では調べますが、なかなかそういったものまで取り揃えている薬局は少ないもの


時には”あぁ、それはあんまりでないからこっち”なんてこともあるので、聞いてしまいます


いくら考えても答えはでないものはタイミングを見計らってグズグズせずにさっさと聞いて、業務をスムーズにするほうに気を配るようにします

④調剤棚を眺める


新人時代にはちょっと無理だけど時間のある時に自分で思いつく薬を頭の中で思い浮かべてはその薬があるか棚を探したり、棚の薬をひたすら凝視したりしています

とにかく調剤棚と向かいあって薬を眺めている感じかな?


そして意外とこういった時間が好きな私だったりします^^


また派遣の場合には、ある程度業務がスムーズにできると認めてもらえると、派遣先からご指名で依頼があり、すると一度行ったことがある薬局なら自分もスムーズにまた働ける、という好循環がうまれやすいので、とにかく焦らずゆっくり処方箋、薬と向かい合うようにしています

いかがでしたか?


色々な覚え方があるかとは思いますが、同じ場所で働き続ければいずれスムーズに調剤できるようになります。


焦らずじっくりと、覚えていってくださいね



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"調剤棚の覚え方"へのトラックバック

トラックバック先URL

"調剤棚の覚え方"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門