薬剤師ゆうの薬の話 » 市販薬の話 » ダマリン

ダマリン

Comment(0)» Trackback(0)»

店頭で見かけると、他の製品よりちょっとだけ割安感を感じるのがこのダマリン

このダマリンは水虫の原因菌である白癬菌に対抗すべく色々な形で発売されています。

ダマリンは、”ダマリンエース”以外は”硝酸ミコナゾール”という成分が含まれています。

医療用では”フロリード”

液体、クリーム共に1日1回使用で効果があるとされています。


ダマリンLには白癬菌を退治する薬のほかに、痒みを麻痺させるような成分であるリドカインが含まれています。

またダマリンLにはリドカインに加えて、メントールが配合されているので、塗った時にすっとした感覚があります。

液体は爪、その周辺、クリームは足全体に塗ることができますが、じゅくじゅくした部分が破れて水っぽくなっている部分にはクリームよりはできれば(他の製品になってしまいますが)軟膏タイプが保護作用がしっかりあるのでお勧めです。

クリームだとぐじゅぐじゅした液体と一緒に薬が流れてしまいがちです。

その点軟膏だと、伸びが悪いという点が逆に患部に留まりやすいという利点に変わります。

パウダータイプも発売されていますが、周りに人がいないことを確認して患部そしてその周辺をめがけてふきかけてください。

白癬菌は皮膚の奥、周辺にもいるので、しっかりと塗ってくださいね。

水虫の治療薬(医療用)も参考にしてください。


【販売元:大正製薬】



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"ダマリン"へのトラックバック

トラックバック先URL

"ダマリン"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門