薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の仕事道具 » 医学電子辞書

医学電子辞書

Comment(0)» Trackback(0)»

”研修医が白衣のポケットに電子辞書持ってて、オーベン(指導医)にからかわれてたんだよ”と内科病棟でナースをする妹からメールがありました。

薬剤師の仕事道具から離れるけれど、そんな時代になってるのね、と感慨深くなってしまったアイテムについて一言二言・・・。

確かに実際の患者を診るようになるドクターは、全ての可能性を考えて、それに伴う検査をして、治療方針を考えないといけません。

間には採血があったり、点滴のオーダーをしたり、薬を処方したり、雑用があったりと業務量は∞(無限大)

ちょっと調べ物をしたりする時にこういったコンパクトサイズ、でも情報量はたっぷり、という電子辞書は便利なものなんでしょう。

薬剤師が使う処方薬に関する本のデータだって入ったりしてるくらいですから。

有益なツールとして存在しているんだろうけれど、でも、辞書で調べていることから派生して何かを知ったりする寄り道が出来ないのは、ちょっと勿体無いかな。

少なくとも患者さんから何かを聞かれた時に、”ちょっと待ってくださいね”なんて言いながらポケットから電子辞書を出して調べて答えられたら、ちょっと興ざめだな・・・。

こんな感想は私だけかな?

皆さんのこのあたりの感覚はどうでしょうか?

powerd by 楽-yah


よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"医学電子辞書"へのトラックバック

トラックバック先URL

"医学電子辞書"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門