薬剤師ゆうの薬の話 » 市販薬の話 » ドリエル

ドリエル

Comment(0)» Trackback(0)»

”Drem Well ドリエル~♪”

の歌と共に、お月様と寝られない少年の絵本のようなイラストタッチが印象的なドリエルのCM。

この薬、目の付け所に感心しました。

■ドリエルの着眼点

この商品が販売されCMなどで目にするようになり、真っ先にドラッグストアに行きました。というのは、どういったものが入っているのか成分を見たかったから。店頭には空箱が置かれていましたが、パッケージの成分名を読んだら”塩酸ジフェンヒドラミン”

”なるほど~”と納得。

というのは、このジフェンヒドラミンってアレルギー治療薬(痒み止めなど)としてかなり以前から商品化されています。そしてその一方で、こういったアレルギー症状を抑える薬では眠気というデメリットがつきものです。(最近のアレルギー治療薬はこの眠気などの症状を抑えるように開発されていますが、症状のレベルに関しては個人差あり)

このドリエルはまさに薬の副作用を利用した薬だったのです。企業のこの眼の付け所に異様に感動してしまったわけです。

■ドリエルとは

医師が処方する不眠改善の薬と違って、このドリエルは本来はアレルギーの薬でもあるため”一時的な不眠”に限っての使用に留める必要があります。

つまり、ちょっとした眠りの浅さを感じている場合や寝つきの悪さ程度に短期間で飲むべき薬でしょう。

というのは睡眠障害と一言で言ってしまっていますが、様々なタイプがあり、また背景に病気が隠れていることもあります。継続するようであれば、是非医師の診察を受けることをお奨めします。

もちろん内科でも構いませんが、心に負担があるようであれば神経科受診がよりベターでしょう。(神経内科はまた別の疾患を取り扱っているので違う科として考えてください)

ドリエルは15歳以上、1回2錠を寝る前に飲みます。尚15歳未満のお子様には飲ませられません。

お買い求めの際は、薬剤師に最初に症状、注意事項、飲み方、今他に飲んでいる薬がある場合にはその薬の名前などについてご相談してくださいね。


【販売元:エスエス製薬】



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"ドリエル"へのトラックバック

トラックバック先URL

"ドリエル"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門