薬剤師ゆうの薬の話 » 市販薬の話 » フェイタス

フェイタス

Comment(0)» Trackback(0)»

シップはできれば医療機関で処方してもらって保険で負担したほうがコスト面では良いのですが、そうかといって、ちょっとした痛みだけでシップが欲しいがために時間をかけて病院へ、というのもなかなか非現実的なものです。

そして今回ご紹介するのが”フェイタス”

高橋克典さんのCMでご覧になってる方も多いかもしれませんね。


このフェイタスに含まれる成分は、”フェルビナク”で、医療用の商品名では”セルタッチ”や”ナパゲルン”に含まれる成分と同じもの


ローションなどは医療用と同じ濃度になっています。


このフェイタスは患部に合わせて大きさや形状を選ぶことができます。


たとえば、入浴後にマッサージを兼ねながら塗ることができるクリームタイプ、肩こりなどにさっと職場の休憩中に塗ったり、手が届きにくい部分に使いやすいすっとした清涼感のあるローションタイプ、そしてしっかり貼っている感を味わえる匂いにくいシップなど様々。


皮膚が弱い方だとシップを張り続けることでかぶれる場合もあります。


痛むところは同じでも少しずつ場所をずらす、もしくはクリームなどに変えてみるなどして様子を見てください。


またフェイタスのシップには温かいシップ、冷たいシップとありますが、冷やしたほうがよい急性期を除き、あとはお好みでどうぞ


そして最後に、当り前のことですが、痛みがずっと続く、患部が腫れてくるなどのことがあったら、すぐに整形外科を受診しましょう。

【販売元:ヒサミツ】


powerd by 楽-yah



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"フェイタス"へのトラックバック

トラックバック先URL

"フェイタス"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門