薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師になるまで » 大学4年生

大学4年生

Comment(0)» Trackback(0)»

まだ授業はありましたが、研究室に出入りするようになり、平行して実験も始まりました。いくつかのテーマの中から自分でテーマを選びました。実験コースにして良かったのは、やはり朝の時間がゆっくりになったことです。授業がなくなると、担当のA先生が来るのが遅いこともあり、5:50起きからは逃れられました。といっても早く帰るほうが私の体調にはあっていたので、30分程度の違いでしたが。そして実験が始まると同時になかなかお昼のタイミングで手を離せないこともあり、恥ずかしいのですが母の好意に甘えて、お弁当持参で行くようになりました。

ただ、やはり相変わらず体調は崩しがちでした。この年になって保健室で休むようになるとは、正直情けなかったです・・・。実験も体調不良をA先生に見抜かれて途中にもかかわらず、帰宅命令がだされたこともありました。(A先生が事前に自宅に電話していたため、母もびっくり!)なんで、こんなにすぐ具合悪くなるのか、気力でカバーしきれないことに、本当に悔しかったです。

そんな中で、また特待生に選ばれました。前回同様ご褒美は、家族へプレゼントし、残りはありがたく貯金させてもらいました。あの苦しさの結果だと思うと嬉しかった反面、また、苦しむのかとも思いました。なんだか意味なく義務感を感じていた時期です。

そんな折、研究室の教授と学長から大学院進学のすすめの話がありました。私自身も一時期進学をし、臨床コースで病院中心に1年間勉強そして1年間は実験をしたかったので、親に相談しました。親からはやはり距離的に遠いこと、また下の妹にもこれからお金がかかり、私にだけ色々お金をかけるのは不公平という方針もありました。

奨学金も調べたのですが、親の収入の面等で受けられないことが判明。A先生や実際に院に行っている先輩の話も色々聞き、考え悩みました。結果、進学は自分の意志で止めました。

私が一番の進学を希望した理由は大学病院の就職試験を受けるにあたって臨床コースを学んだ院卒が有利という思いがあったからです。でも院卒になったからといって100%合格するという保証は全くないことに先輩の話を通じて気づかされました。

そんな寄り道をはさみながらも、無事、発表会・卒論を終えて、いよいよ2日にわたる卒業試験を迎えました。。1次で受かるのは1割、2次で8割、3次はかなり少数・・・といった通説があり、おおいに私を脅かしていました。3次で落ちると留年です。

でも私は1割が1次で合格するんだ!という考えでした。ただ、体調は今までの中で最悪でした。結核を疑われ(検査をしたら見事に陰性)原因不明の咳が止まらず、それに伴って微熱も続いていました。ただ、試験は休めないので、なんと家で点滴をうけ、朝外してから大学へ行き試験。帰ってからは病院へ行きまた点滴。そのまま点滴をお持ち帰りして、22時くらいまで点滴を続けるといった状態になりました。食事をほとんどとれていない状態だったので仕方ないといえば、仕方ないのですが、かなりしんどかったです。

またそんな私の世話・心配をしなければならない母もかなりきつかったようです。この時ほど大学が近ければ、と思ったことはありません。

そして試験当日。締め切っていて、みんなの熱気もあり、室内の空気はよどんでました。あらかじめ、周りの友人や試験監督には咳がでることを伝えて、謝ってからの試験です。
でも不思議なことに当時の私自身は辛いという感情はありませんでした。目の前のことをこなすので精一杯だったのかもしれません。2日間終わった時は、かなり体力消耗が激しかったです。

そして、なんともはや現金なもので、2日目の試験終了の夜は早々寝たにも関わらず、次の日は15時近くまで爆睡。トイレすらいかずに寝たところ、起きたら咳が止まっていた!!驚きです。と同時に、これほどの負荷をうけていたのかと悲しかったです。忘れもしない、目覚めたら冬季オリンピックで原田選手が飛んでいました。

そんな思いをしての卒業試験。無事1次で合格し、国家試験への最後の追い込みになりました。仲の良かった友人も皆一緒に無事卒業を迎えられることになり、嬉しかったです。

そして最後に嬉しいプレゼントがありました。優等生に選ばれ、卒業式当日に表彰されることになりました。もうプレッシャーを感じる試験もないので、本当に嬉しかったです。賞状授与の練習を大学で行い、卒業式を迎えました。

当日は両親揃って参列。私も母の着物を着て、下は袴。久々のおしゃれって感じでうきうきしました。ただ、皆と一緒に座れなかったのが残念でした。そして花粉症の私は、前においてある百合の花粉に反応してしまい、ちょっと辛かった・・・。悲しくないのに鼻がぐしゅぐしゅ・・・。

その後は謝恩会です。でも心の中で国家試験への不安があるので、思いっきりはしゃぐといった感じではなかったです。国家試験前に卒業するので、あとは皆1人での勉強です。さあ、もう一息、頑張らないと!



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"大学4年生"へのトラックバック

トラックバック先URL

"大学4年生"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門