薬剤師ゆうの薬の話 » 市販薬の話 » フレディCC

フレディCC

Comment(0)» Trackback(0)»

膣カンジダを再発した方のためのお薬が市販薬で発売されはじめました


まず簡単に膣カンジダの症状はというと・・・

元々体内にいるカンジダ菌というカビの一種が膣内に繁殖してしまった状態であり、決して性行為のみに関連するものではありませんので、まずは勘違いされないように。


*カンジダ症状が出ている間は当然のエチケットとして性行為は控えパートナーにうつさないよう配慮しましょう


体が疲れていたり、抗生剤を飲んでいたことで抵抗力が落ちていた場合、また生理時にナプキンを変えられない時間が続いてむれてしまったり、きつい下着でしめつけすぎていたり、など男女関係なく誰でもなる可能性がある症状です


おもな症状は、灼熱感をもった外陰部の強烈なかゆみ、カッテージチーズのようなポロポロした白いおりもの(ニオイはありません)です。


こんな症状がでた場合はまずは早めに婦人科へ受診しましょう


原因が真菌なのかもしくは細菌なのかなど確認するための検査をしてくれます。


そこで膣カンジダと分かったら、カビを退治する膣に入れる薬や外陰部周辺に塗る塗り薬で治療することで早めの症状消失を目指しますが、残念ながら元々体にいる菌の1つですから何かのきっかけで再発することも十分にあります

そんな再発した方向けの薬が”フレディCC”


一度婦人科で”膣カンジダですよ”と診断されたことがあり、同じ症状がでた場合のみ使うことができます


そしてここで注意


本剤は膣カンジダの再発までの期間が2ヶ月以内の人、又は2ヶ月以上であっても、直近6ヶ月以内に2回以上感染した人、妊婦もしくは妊娠の可能性がある方は使えませんので、すぐに婦人科を受診しましょう


また生理中も使用は避けます

フレディCCは真菌を殺す成分が入った錠剤を1日1回、6日間膣に入れて症状を改善していく薬です


ポイントはできるだけ膣奥に入れること、また入れた後すぐに動いてしまうと出てしまうこともありますし、また入浴後は清潔ですが、逆に膣周辺の潤いがなくなっている場合がありますので、寝る前がお勧めです


*膣は自浄作用といって自分の力できれいにすることができますので、入浴時にごしごし洗ったり、石鹸をこすりつけたりといったことはしないように!!

錠剤を入れる時に乾いた錠剤では痛みがあったり、入れにくい場合がありますので、そういった時にはほんの少し水をつけて入れてみても良いでしょう


必ず爪を切った状態で、前後よく手洗いをしてから行いましょう。

女性の5人に1人が経験したことがあり、過半数の人が再発していると言われている膣カンジダ


本剤を3日間使用しても、症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は迷わず婦人科を受診してください


【販売元:ロート製薬】






よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"フレディCC"へのトラックバック

トラックバック先URL

"フレディCC"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門