薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 無料じゃないの?

無料じゃないの?

Comment(0)» Trackback(0)»

【注意】あくまでも私見です。

最近の私の勤める薬局で気になること。

それは、患者さん誰かれ構わずにお薬手帳を勧めること。

なんでだって?便利だからいいんじゃないって?薬剤師なら当然?(薬剤師会はお薬手帳を推進している)

物事にはメリット、デメリットがあって、それを踏まえたうえで、納得して受け入れるのなら問題ない。

でも今の薬局のやり方は、納得いかない。

と言うのは、さもサービスのように振舞っている姿勢。これが問題。納得できない。
サービス=無料、と思っちゃうじゃん!

お金のことを聞く患者さんには説明して、そうでない患者さんには何も言わず、なんてまるで詐欺まがいじゃん。

もちろん、保険負担が0割の人は、手帳も薬の説明書も無料。
(だから、何でもつければいいってもんでもないが…)

保険負担割合がある人はそれ相応にお金がかかっているんだよ。(調剤価格については、こちらで説明)

だから私はせっせと、お金がかかることを説明している。

となると、断られることも多くて、営業成績でいえば、ぶっちぎりのビリ。

もちろん管理薬剤師にも言った。

でも答えは”上からの指示だから”だって。雇われ管理薬剤師の宿命か?!

確かに経営を成り立たせることは必要不可欠。でもさ、必要なことは患者に伝える義務もあるってもんじゃないかい?

こんなんじゃだめ、と思ってその”上”とやらが来た時に言った。

”せめて、薬局内のどこかにお金がかかるというメッセージを掲示できないものか”と。

答えは”そんなの必要ないよ。そんなこと一々掲示している薬局なんかないでしょ”

え~っ!!そうかい?私はそうは思わないぞ。他がどうか、じゃなくて、ここの薬局はどうするか、だろ?

あきれ果てて、返事すらできなかった私。(その隙にいなくなった”上”の人)

それとも、こんな理想ばかりほざいている私が甘っちょろいのかい?

もちろん、真っ向から手帳の存在を否定する気は毛頭ない。

あれば便利なのは確か。

例えば何件か医者を掛け持ちしている時。

似た様な薬が2重に処方されることがないように、また飲み合わせなどを医師側でも薬剤師側でも出来る。

例えば震災時。

これは処置してくれる場所で提示すれば、速やかに同じ薬、もしくは類似した薬を処方してもらえる。白い薬を飲んでいた、といっても白い薬はごまんとあるこの世の中。薬の名前を覚えているか、どこかに書いてあるかどうかで命をつなぐことができる。

例えば薬を飲んでトラブルがあった時。

あの時の薬かも、と思ったときに後追いが可能。さらにその薬をチェックしておくことで、2度と同じ薬、同じ仲間の薬を飲まないよう自己防衛ができる。

などなど様々なリットがある。

でも最初に書いたように、”ただじゃない”というデメリットもある。

10~30円の負担を安いと思うか、それともそんなお金すら払いたくない、と思うのは個人によりけり。

そうでなくても医療費がかかるこのご時世。同じくすりなら毎回手帳記載は必要ない、と思っても全く不思議ではない。

あなたはちゃんと説明をうけて、納得してその手帳を持っていますか?



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"無料じゃないの?"へのトラックバック

トラックバック先URL

"無料じゃないの?"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門