薬剤師ゆうの薬の話 » 薬の話~一般・副作用~ » ジェネリック医薬品(後発品)・その1

ジェネリック医薬品(後発品)・その1

Comment(0)» Trackback(0)»

最近テレビCMや新聞で見かけるようになったジェネリック医薬品という言葉。

医療費の節約の救世主になるのでしょうか。

■ジェネリックって何?

“ジェネリック=generic name=一般名”の意味です。後発品(こうはつひん)と呼ばれることもあります。

*一般名とは、商品名とは異なり、薬という成分の名前にあたります。

医療用医薬品は特許問題があり、新薬の発売後から数十年の間つまり特許が切れるまでは同じ薬を販売することができません。

つまり、全ての薬にジェネリック医薬品がある訳ではありません。

この新薬は最初に開発・発売されたことから“先発品(せんぱつひん)”と呼ばれてます。

一方ジェネリックとは、この特許が切れた後に申請、販売された薬です。つまり、効果は同じもの。

先発品と異なり、開発にかかるコストが大幅に削減されているため、先発品に比べると安値になっています。(おおまかに言ってしまうと、既に安全性等も分かっている化合物を真似て作り、治験等の手間もなくなるので安くなるのです)

ジェネリック=安値、という図式はこういった経緯が関与してくるのです。

WHO(世界保健機構)も、ジェネリック医薬品の使用促進を推進していますし、ジェネリックの使用割合が低いと言われている日本も厚生労働省がジェネリック医薬品の使用促進を奨めています。

一部の病院では(大学病院含む)一般名で処方することで、ジェネリックにするか先発品にするか患者が自分で選ぶことができるようになっています。
(多くは商品名で処方箋は記載されているので、その場合は商品名通りの薬を調剤しますが、一般名で書かれている場合は、先発品・後発品どちらにするか患者さんが選ぶことができます。)

慢性疾患だと、薬代もかさんできます。こういった薬で少しでも医療にかかる経済負担が軽減されることが望まれています。

■効果は同じ?

先に発売された新薬と同じく厚生労働省の元試験がされ、許可がおりたもののみが製造を認められます。

健康な成人に先発品とジェネリックを投与し、有効成分が体にどうやって入っていき、出ていくかといった試験が行われますし、また作られた製剤品が品質に問題ないかなどの試験も行われています。

つまり、効果が同じな薬しか世に出回れないようになっています。

ただ、実際に使う医師によって、このジェネリックに対する見解は異なります。
医師は“切れ味がいい薬”といった言葉を使うことがあります。ここでいう切れ味とは効き方と思ってください。

病院勤務時代、循環器内科の医師から問い合わせを受けたことがあります。某ジェネリックと先発品を比べたら、切れ味が違った、というのです。元は同じ化合物。効き方は同じです。

考えられるとしたら、添加物等の違いです。

剤形(薬の形状)などが異なることも多く、含まれる添加物などが先発品とジェネリックでは異なります。ここの部分で効き方も違いを感じたのかもしれません。

残念なことにそれ以降、この医師はジェネリックを処方しなくなりました。こういった経験をした医師はジェネリックに対して若干の懸念を抱くことは確かです。

そしてこの治療に関する領域には薬剤師は口を挟めません。(医師の処方権)薬を処方された患者さんの心理状態も左右したと思います。

ただ、こういったことが起きないよう、私達薬剤師もきちんと説明しなければ、と気が引き締まります。これはあくまでも私が経験した例です。

私自身、花粉症の時期にはジェネリックを飲んでいましたが、全く差は感じていません。

効果は同じですが、一部添加物等の違いがあることはご理解いただけたでしょうか?

■どうすればジェネリックを処方してもらえる?

いくつかの方法があります。

①医師にジェネリックを使いたいことを申し出る。

*なかなか直接医師に言いにくいといった時には日本ジェネリック医薬品学会がサイト上からダウンロードできる”ジェネリック医薬品お願いカード”というものがあります。
診察前に診察券と一緒に提示しておくことができるような名刺大サイズのカードです。

参考:
日本ジェネリック医薬品学会 HP : http://www.ge-academy.org/

②いつももらっている薬なら予め自分が飲んでいる薬にジェネリック医薬品があるか薬剤師に調べてもらう。その結果を元に医師に申し出る。

新しい薬は先に記載したとおり特許の問題もありジェネリックがありません。
全ての薬にジェネリックがあると勘違いされている方もいらっしゃるので、予め薬剤師に確認することをお奨めします。

私が患者さんから聞かれた場合は、ジェネリックがあるか否かの結果の他に、ジェネリックがある薬の一般名をメモし、勤務先の薬局名と薬剤師名を入れたメモを作ってお渡ししています。それを医師に見せればある程度、医師にわかっていただける程度のメモです。

ただ、病院全体の方針によるところもあるので、世の中にジェネリックが存在していても、それが処方されるかどうかは難しい部分もあります。

自分の飲んでいる薬にジェネリックがあるか知りたい場合やどのくらい値段が安くなるかを知りたい時には、是非かかりつけ薬局でご相談ください。

(少しお時間を頂ければパソコンでジェネリックにした際の料金の目安をお調べできることができます)



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"ジェネリック医薬品(後発品)・その1"へのトラックバック

トラックバック先URL

"ジェネリック医薬品(後発品)・その1"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門