薬剤師ゆうの薬の話 » 派遣薬剤師 » 派遣薬剤師になったきっかけ

派遣薬剤師になったきっかけ

Comment(0)» Trackback(0)»

派遣のきっかけ、何だったかと思い返してみると・・・。

存在自体は働き始めてから、恐らく卒業名簿でも見た会社からばんばん登録依頼のハガキで知っていたけど、ただそれだけの存在。

そんな私が派遣薬剤師になったきっかけは1本の電話でした。


初めて登録したのは、結婚してから1年後くらいの時に卒業名簿からみたというある1社からお電話を頂きました。

私の住んでいる周辺の薬局で派遣を希望している所があるらしく、いかがですか?といった勧誘。

最初は簡単に登録できるかと思って聞いていると、派遣用の履歴書を書かなくてはいけないことが判明。面倒だったので、断る私。

でも相手も切羽詰っていたようで、名前だけでも、簡単で良いのでといってきたのでそこまで言うならと承諾。

丁度、パートで働いていた薬局も年内一杯で辞めることを決めていたので、良いチャンスかもと思ったのも事実です。

まずは夫に報告。仕事をするにあたっての最初の2人の約束さえ守れば、好き勝手していつでも事後報告だった私だけど、今回は最初に報告。

といっても、すぐに仕事云々というわけでもないので、文句のつけようもないか。

ただ、面倒くさがらずにきちんと履歴書は書くように念押しされてしまいました。

こんなきっかけでまずは1社目の登録が決まりました。

でも現在私が登録している派遣会社は2つなんです。

さて、なぜ私が2社登録したかと言うと。

2社目を登録したのは能動的。1社目を登録してからほぼ3ヵ月後の2月初旬。

理由は、①1社目からの仕事がなかった ②空いている時間をもっと薬剤師としての時間にあてたかった ③寂しかったこの3点でした。

③の理由について補足すると。友人の薬局を辞めた後週2回程度で働き始めましたが、大人の2人暮らし、しかも夫は仕事で毎晩遅い。きっと見る人から見れば(特に母)やることは一杯あるでしょ!といわれる我が家だけれど、掃除レベルが低くても、2人共困ってもいない訳だし、夕食も所詮1人分。買ったほうが安い事もしばしば。

特に趣味もなく、お稽古事にいったりして、あとはテレビ見て、“何やってるんだろう、私”状態になっていました。これじゃあ、いけないってことで比較的大手の社に連絡をとって登録することにしました。

この2社どちらともお仕事を依頼され、実際に働いたことがあります。自分でできると思ったら、やっていますが、仕事がなくても今後登録会社を増やすことはないと思います。

なぜかというと、私にとってかけもちは、“混同しやすく、間違いやすいから”この一言です。2社から同時に依頼されて働いてしまうと、今回のはどっちだっけ?とふと我に帰って確認してしまうのです。

仕事が確実にあるわけではないので、働き場所をしっかり確保したいなら複数登録も考えてみることをお奨めします。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"派遣薬剤師になったきっかけ"へのトラックバック

トラックバック先URL

"派遣薬剤師になったきっかけ"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門