薬剤師ゆうの薬の話 » 特定健康用食品(トクホ)の話 » ヘルシア緑茶・ウォーター

ヘルシア緑茶・ウォーター

Comment(0)» Trackback(0)»

体脂肪がつきにくいお茶として始めて2003年3月にトクホの許可がおりたのがこのヘルシア緑茶。

現在ではヘルシア緑茶に加え、ヘルシアウォーターが発売されています。

このヘルシアシリーズでのキーワードは茶カテキン

”カテキン”といえば、緑茶の渋みの元

このカテキンはポリフェノールの一種で、抗酸化力(体内の成分や遺伝子などに悪影響を及ぼす働き=”酸化”を起こさせない力)が強いと言われています。

日本に昔から伝わっているお茶の研究は様々で、胃がんの発生リスクや胃潰瘍の分野での研究も進んでいます。

その一方で、体脂肪を減らすという研究結果もでており、その研究結果のたまものがこのヘルシアシリーズ。

体脂肪を減らすといわれるカテキンの目安量は1日500~600mg。通常の緑茶10杯相当。

そしてこのヘルシア緑茶は350mL1本につきカテキンは540mg含まれています。

う~ん、渋そう、なんて思いました?

いえいえ、ここが花王の開発成果。

渋みを抑えて、飲みやすい味になりました。

と書きたいところですが、正直苦いです。渋茶好みの夫は問題ない、と言っていたので、好みの問題ですね・・・

一方、ヘルシアウォーターは?というと

含まれているカテキンの量は変わりません。

ただし、水分補給の意味を兼ねたため1本500mLサイズになっています。

そして私個人としてはスポーツドリンクタイプのウォーターのほうが飲みやすかったですが、これも決して甘くはありません。

がっつりと苦味はあります。

そして大事なことは、飲む量。

早く脂肪を落としたいからといってガブガブ飲んではいけません。

というのも、このヘルシアシリーズ1本に含まれるカフェインが80mg

これはコーヒー1杯相当

普段からコーヒーを飲みなれている人にとっては大丈夫でも、カフェインに弱い人だと寝付けなくなってしまうこともあります。

ほんの少しだけ割安になる1Lのペットボトルサイズも販売されていますが、くれぐれも1日の飲む量、守ってくださいね。

powerd by 楽-yah


よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"ヘルシア緑茶・ウォーター"へのトラックバック

トラックバック先URL

"ヘルシア緑茶・ウォーター"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門