薬剤師ゆうの薬の話 » 薬の話~一般・副作用~ » 漢方薬の飲み方

漢方薬の飲み方

Comment(0)» Trackback(0)»

様々な病気で漢方薬が使われることがあります。

もちろんといっては恥ですが、全ての処方に対して的確に処方目的をいえないくらい、使い方は様々。

でもせっかく飲むなら、できるだけ効果がでるように飲みたいのはどんな薬でも同じ。

漢方はいつ、飲んでいますか?

■空っぽの胃が好き

漢方は様々な生薬から成り立っています。(1つの薬に複数の生薬成分が含まれています)

そしてその多くが腸にいる腸内細菌によって吸収されやすい形に姿を変えて効果を発揮します。

そのため、胃ができるだけ空っぽのほうが速やかに腸内細菌の元に到着できます。

また漢方だけでなく西洋薬でもそういった薬はあるのですが、食べ物の影響を防ぐためにも空腹時に飲む指示が多いのです。

なので、一般的には“食前(食事の30分前)”もしくは“食間(食後2時間)”といった服用方法になります。

■食後に飲む時

とはいえども、食事前というのは中々忘れがちです。(食間は言うに及ばず)

漢方に限っては食前の指示であっても、忘れてしまった場合には食後に飲んで頂いても構いません。
食後に飲んだからといって全く効果がなくなってしまうわけではありません。

漢方の種類にもよりますが、継続的に服用することが大事です。
忘れたからといって1回分お休みしてしまわず、食後に飲んで下さい。
(食前に忘れた場合は、2時間後にタイマーをかけて、その時に飲む方も患者さんの中にはいらっしゃいました)

また、中には医師があえて食後服用を指示することがあります。

そういった場合に多いのは、漢方を飲み始めたことで胃に負担がかかっている場合の患者さんが多いです。

医師の指示に従ってお飲み下さい。

■漢方薬の併用

副作用がないと誤解をもたれがちな漢方です。残念ながら、漢方だからといって全てが安全に飲めるというわけではありません。

気をつけていただきたいのが、異なる医療機関で漢方を処方され、複数飲んでいる場合です。

お互いの医師がきちんと処方薬を把握していれば良いのですが、場合によってはある成分の過剰投与になる可能性もありますので、必ず漢方を飲んでいる場合でも主治医・薬局でお伝え下さい。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"漢方薬の飲み方"へのトラックバック

トラックバック先URL

"漢方薬の飲み方"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門