薬剤師ゆうの薬の話 » 市販薬の話 » コロスキン

コロスキン

Comment(0)» Trackback(0)»

水仕事と切っても切れないのが”手あれ、あかぎれ”

痛みが伴うのはもちろん、ふと気がつくと”血が・・・”っていうのは衛生的にNGですよね

かくいう私も通年性の手あれ、冬場はあかぎれに悩まされています。

乾燥していると紙で手も切りやすく、ふと気がつくと出血・・・というブルーな状態になることもしばしば

といっても、仕事中は必要に応じて医療用の手袋をするのが限界

これだってゴム製だから、通気性もよくないし、日常業務中でずっとしていることはできません。

指先のキズやあかぎれ、ささくれではバンドエイドを貼ってもすぐに剥がれてしまうし、しょっちゅう水で手を洗って、アルコール消毒をしていたら、手あれがよくなるはずもないってもんです。

そんな悩みを同期入職したナースに話したとこと、奨められたのがこの”コロスキン”

”殺す菌?”

と驚いてしまいましたが、要は液状の透明なバンソコウ

接着剤を手につけて乾いた時のように(?!)、塗っても透明で目立ちにくいです。

そして何度も洗ってしまったり、手洗いの仕方にもよるけれど、2~3回なら落ちにくいのも特徴

ちょっとだけ塗るときにひやっとするような染みる感じもあるけれど、これはコロスキンに含まれているカンフルやアルコールが原因でしょう。

なによりも塗ることで膜ができ、あかぎれの出血が進んだり、ささくれが広がったりせずに食い留められるのがありがたい

水仕事が多くバンドエイドが使えない方、ちょっとかすり傷をつけちゃった、なんて時にこのコロスキン、お奨めです。

私も職場に1本、自宅に1本、置いています^^


そして最後に大切なのは日頃のケア

入浴後や寝る前にはワセリンなどでしっかり保湿ケアしましょうね!


powerd by 楽-yah



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"コロスキン"へのトラックバック

トラックバック先URL

"コロスキン"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門