薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の仕事道具 » 使い捨てマスク

使い捨てマスク

花粉症のおかげなのか数年前までは少なかったマスク姿がすっかり定着している昨今

たとえ花粉症でなくても私達薬剤師もマスクは手放せないものとなっています。

かくいう私も夏以外はほとんどマスクのパターンが多いかも!!

簡単に察しはつくことだろうけれど、私がマスクをつける理由を書いてみるとですね…

その1:花粉症

その2:喉を守るため

その3:自分の風邪を患者さんにうつさないため

その4:患者さんからの風邪をもらわないため

以上4つ(順不同)

その1~その3はよくありがちな理由

花粉症で鼻水ダァダァだったり、ちょっとした咳風邪のときはエチケットとしてのマスク。

ついでにとにかくしゃべりっぱなしの仕事でもあるわけだから喉がかなりやられます。ってことで自分の喉を守るために加湿を兼ねてのマスク。

そして最後が我が身の保身のためのマスク(苦笑)

医療従事者は風邪をひかないと思っているのか、真正面から患者さんの咳やくしゃみをうけることが往々にしてあるんですね。まさかよけるわけにもいかないし(いや、正直言うと本能的に若干体を横にずらしてしまう)…。
ってことでマスクをつけるというわけです。


咳やくしゃみをする時には手で押さえるなんて常識以前の問題だろう!って思ってしまうのですが、咳エチケットなる言葉が出て注意喚起するくらいだからそのあたりの良識はまだまだ個人差があるのかもしれません。


もちろんマスクをするとその分声がこもってしまって、患者さん側には聞きづらそうなこともあると思います。そんな時、私の場合は少しだけマスクを手で持ち上げて声が通るようにしています。(ケースバイケースで気をつけるようにしています)


インフルエンザの時期や花粉症の時期に限らず薬剤師がマスクをしている理由

それにはこんな理由があるというわけなんです。万が一、声が聞きにくいなんてことがあったら、お知らせくださいね。

◆2011年2月28日締切ですがユニチャームでマスクのプレゼントキャンペーン実施中です。私も応募して2枚頂きましたよ。立体型なのでメガネが曇りにくいのが魅力的^^


mask.jpg


powerd by 楽や



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門