薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » 新人君、いらっしゃ~い!

新人君、いらっしゃ~い!

Comment(0)» Trackback(0)»

【注意】あくまでも私見です。

薬剤師国家試験も終え、就職先に赴いた貴方へ、数年前に新人だった私からのメッセージ。

初仕事はどうだい?職場はどんな感じ?

自分・同期以外はみんな上司という環境、慣れない立ち仕事で足はパンパン、なんだか意味もなく不機嫌そうな上司はいるし、時には理不尽なことを言われてむかついたり、よく分からないことだらけだろうね。

聞くもの見るもの全てが初めて。

こんな状況は転職しない限り、なかなか出会えない。面白がっちゃえ!

立ち仕事は疲れるって?

それも給料のうち。隅っこで屈伸すべし。そのうちふくらはぎが鍛えられるから。(大型ゴミ箱に腰掛けて怒られたことがある人間が言うんだから試してごらん)

上司と馬が合わないって?

世の中全ての人と馬が合うことのほうがありえないんだ。学生時代みたいに嫌いな奴とは口をきかなくていいなんて、甘ったれた考えは社会人になったからには捨てればいいだけ。(相手にもそういった気持ちって伝わるんだよ)

なんだか上司に声をかけづらいって?

虫の居所が悪いんだよ。なんか悪いことしたかなぁとか萎縮してると自分が疲れるだけだから適当に。忙しくて余裕がないのかもしれないし、集中して仕事をしてる時って傍から見ると不機嫌としか見られないときもあるから。そのうち、貴方もそうなるから大丈夫?!

棚に並んでいる薬品全てを覚えられるのかって心配になってる貴方。

いいねぇ、その心意気!分からなかったら必ず調べるという習慣を身に付けよう。知ったかぶりしてるのが、一番恐いよ。私なんて未だに分からなくて添付文書や関連書籍をあさっているんだから大丈夫。

間違って怒られてしょげてるって?

私もかつては無言で調剤したトレーをつき返されたこともあったし、”こんなの薬剤師だったら集めない”なんて嫌味を言われたり(どうやら処方箋に書かれていた薬の相互作用があったらしい)、それはもう”ちくしょー”って連発だったよ。時にはありえないから!ってくらいの理不尽な八つ当たりをされたこともあった。

でもさ、怒られているうちが花だから。

そのうち誰も怒ったり注意したりしてくれなくなるほうがこわいよ。腹が立つこともあるけれど、全てが貴方の経験になっていくんだ。素直な心で聞いたほうがいいよ。

それに自分がされて嫌なことって、次に新人君が来た時にしないでしょ。

自分がやられたとおりにやり返すって?

それは得策とはいえないね。反面教師にしたほうがいいよ。

それよりもきちんと注意すべき時に理由をつけて注意したほうがよっぽど相手のためになるから。

まあ、次の新人がくる来年までの辛抱だな。

先輩、上司が”出来る”って感じてるだろうね。

でもさ、逆に出来ない上司なんて嫌でしょ。

それに単に”慣れ”でもあるんだ。そして時にはその”慣れ”がこわい。ミスを誘発することもあるくらいだから。

新しい知識を職場に吹き込んでよ。それを先輩達は待ってるから。

あんまりえらそうにいうと臍曲げちゃう上司もいるから、そのへんはうまく任せるよ。

いつでも新人君に教えられることのあるちょっとだけ先輩からのお願いだよ。よろしくね。

そして一緒に仲良く仕事をしていこう!



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"新人君、いらっしゃ~い!"へのトラックバック

トラックバック先URL

"新人君、いらっしゃ~い!"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門