薬剤師ゆうの薬の話 » 薬の話~症状~ » 妊娠と薬・男性の薬の影響

妊娠と薬・男性の薬の影響

Comment(0)» Trackback(0)»

妊娠というと女性の体の話ばかりになってしまいがちですが、男性が服用した薬は妊娠にどんな影響を与えるのでしょうか?

結論から書くと、

一部の薬を除き、大部分では男性の服用した薬に関しての影響は少ないとの考えが主流です。

というのも、射精される精子は100%全て完璧ではなく、20%程度は既に形態的に異常が見られます。

そういった精子は自然淘汰されて、受精にまでは至りません。

ですので、もし薬を飲んでいたとしてもその精子が受精に携わる唯一になる確立はほとんどないのです。

気をつけたいのは、薬剤の影響があるとすればそれは直前に服用した薬ではなく、受精前3ヶ月~6ヶ月内に投与された薬です。

精巣で作られた精子が受精に関わるまでは約74日前後とされていることによります。

ですので、影響があるとすれば、受精前3ヶ月以内が大部分となるのです。

但し注意して頂きたいのは、半年程度の避妊を明記している薬も世の中にはあります。(これらが全てではありませんのでご注意ください)















































薬効 一般名 薬品名(一部) 注意事項
免疫抑制剤 アザチオプリン イムラン 男女共に避妊。染色体異常の報告あり
抗リウマチ薬・白血病治療薬など メソトレキセート リウマトレックス 女性は服用中~中止後1月経周期、男性は服用中~服用後3ヶ月以上避妊
乾癬・角化症治療薬 エトレチナート チガソン 服用中止後も体内に残るので女性(催奇形性)は2年以上、男性(精子形成能異常)も半年以上は避妊が必要
痛風発作予防薬 コルヒチン コルヒチン 父側の服用での染色体異常(ダウン症候群)の報告あり。男女共に避妊
抗真菌剤 グリセオフルビン グリセチンV、ポンシルFP 女性は服用中~服用後1ヶ月、男性は服用中~服用後6ヶ月は避妊。催奇形性あり
C型肝炎治療薬 リバビリン レベトール 男女共に服用~服用中止後6ヶ月以上避妊。

催奇形性の他、精子の形態変化の報告あり


奥様が妊娠を考えているならば、予め大切な家族として自分の薬について男性も主治医に相談しておくことを薦めます。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"妊娠と薬・男性の薬の影響"へのトラックバック

トラックバック先URL

"妊娠と薬・男性の薬の影響"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門