薬剤師ゆうの薬の話 » 薬剤師の内緒の話 » めん類禁止の夜

めん類禁止の夜

Comment(0)» Trackback(0)»

【注意】あくまでも私見です。

”いただきま~す!”と、1人静かに食べ始める夕飯。
”やっぱり夏は冷やし中華だねぇ。野菜もとれたような気にもなるし、満足、満足”

そんな静寂を打ち破る電話音・・・

当直の夜にゆっくり食べようなんて思うのが間違いと気づくのにそう時間はかからなかった1年目。

当直時間帯のたった1つ、いや2つといってもいいほどの楽しみの1つが食べること。

環境がよい薬剤部だと電子レンジやポット、食べ物用の冷蔵庫があるから冷・温なんでもござれ。

職場に残っていた人達と禁止されてる出前だって、頼めちゃう!(ごめんなさい。でもこっそりと内線で連絡してくれた守衛のおじさん、ありがとう)

でも、めん類はいけない。

温かい麺なんて暴挙。冷だって、中途半端なまま放置されるとでんぷん質の塊になっちゃう。

私の当直の時の夕飯のお奨めは、お寿司。

当直したってお給料には微々たるもんしか入らないけれど、気分だけでも豪勢に!って気持ちにもなれて、そして食べやすい。

多忙を極めてるけど、おなかすいた!なんて時には、箸でつまんで口に入れちゃえば、ほらおなかは満足!(行儀の悪さには眼をつぶって)

食事中断だってお手の物。

おにぎりやパンだと食べかけ、っていう状態がなんか見た目に美しくないからね。

しかもおにぎりの具がこぼれちゃってると戻ってきた時さみし~い気持ちで一杯。

だからこそ、当直前の休憩時間の買い物は真剣勝負。何を買うかはその日の夜を左右するんだから。

当直嫌だなぁ、寝られるといいなぁ、なんてぼやきながら、夕飯と翌朝のご飯、飲料や時にはデザートやお菓子をかって、いざ出陣!

あなたの当直の夕飯は何ですか?


ちなみに、私の当直の夜のもう1つのお楽しみは深夜テレビ。
実家ではテレビは居間と父の部屋のみそして、家族皆早寝という遅くまでテレビを見にくい環境で育ったせいか、とにかく深夜テレビが新鮮だったのさ・・・。



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


"めん類禁止の夜"へのトラックバック

トラックバック先URL

"めん類禁止の夜"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門