TOP
家計管理
簡単ごはん
リンク
ランキング
問い合わせ


薬剤師ゆうの暮らしのカルテ » 008)主婦生活 » 初体験・もんじゃ

初体験・もんじゃ

Comment(0)»

RSPでいただいたサンプリングの中に見つけたニップンの”パリパリおこげのもんじゃ焼きの粉”


30ウン年にして、とうとうもんじゃデビューの日がきたことを心静かに受け止めました・・・


粉ものと言えばお好み焼き

実はこれも今から20年以上前に1回食べただけ


たこ焼きはいけるクチなんだけど、どうもお好み焼きになると胃が・・・


そして当然の連鎖反応でもんじゃに至っては挑戦したことすらありませんでした


そんなビギナーな私は”もんじゃ”がお好み焼きの原型となっている江戸時代からある食べ物で、”文字焼き”から由来しているなんて、今回の説明で初めて知り、びっくり!


てっきりお好み焼きが最初で、それをチープにしたものかと思ってました^^;

こんな私が食べていいのか?とドキドキしながらスタートです


ひとまず経験者の夫を横に作ってみることにしましょう


まずは具を用意

ニップンさんのホームページではもんじゃバリエーションが紹介されていますが、なんせ初もんじゃということでスタンダード?と思える、こんな感じで揃えてみました


具:キャベツ・さくらエビいりちりめんじゃこ・青のり・天かす


ここで悩んだのが豚肉


肉のうまみがあったほうがいいかな、と私は思ったんですが、”豚肉をいれたらお好み焼き”と夫がいうので(本当?)、今回は見送り


我が家の長方形のホットプレートでドーナッツ型になんてできない!と思ったので、フライパンで焼きはじめてみました


最終的には全部まぜるのに、なぜ炒めた具材をドーナッツ型にするの?という疑問に答えてくれる人もなく、黙々と夫と2人で見つめるフライパン


いつになったら固まるのかな、と思いつつパッケージを見てみると”お好み焼きのように固まりません”と書いてあるではないですか!!


夫まるで役に立たず・・・

気を取り直してフライパンの底から返してみると


おおっ!これが噂のおこげでは?


アツアツのまま食卓に運び、早速試食


ドキドキしながら一口食べてみると


”食べられる!!お好み焼きよりうまい!!”


実は食べられなかった時用にパンまで用意していたんですが、まったく出番なし


既定の2人分×2を2人で完食

こんな機会がなければもしかしたら一生食べなかったかもしれないもんじゃ焼、私好きになりました♪


残りの粉はどんな風にアレンジして作ろうかな~



ブログランキング参加中!応援クリックありがとうございます

よろしければこちらもお願いします^^ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ






"初体験・もんじゃ"へのコメントお待ちしてます

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック


検索

トラックバック

フィード

このブログのフィードを取得






非営利であっても、無断で転載・複製(転用)・要約することは禁じられています。
当サイトの情報をご利用の際は自己の責任においてお使い下さいますようお願い致します。
当サイトはロリポップ!で運用しています。