薬剤師ゆうの薬の話 » こどもの薬と病気の話 » 子どもの虫(蚊)除け~我が家の場合~

子どもの虫(蚊)除け~我が家の場合~

デング熱、ものすっごい勢いですね~

"てんぐ?デング?"みたいな学生時代のノリを思い出しながらのデング熱

要は蚊に刺されなければいいんでしょ、というスタンスの私(5歳の子持ち)

といっても、やはり怖さがあるのは否めないもの

薬局でも孫が蚊にさされたらどうしよう、というおばあちゃまからの相談があったりしております(孫はジィジバァバにとっては特別に可愛いみたいですね^^)

元々私自身が蚊にさされやすくかつ、ものすっごい跡が残るタイプ(過去には膿のような感じになり皮膚科通院したのも多々あり)なので蚊除けにはちょっと神経質気味

なので、現在の報道の"数か所刺されたとか数十か所刺された"という事実を知ると、みなさん蚊に寛容なのね。。。。とちょっと呆然としたりしています。

そんな蚊に神経質な母なもんで、娘の公園遊びをするときには夏でも長ズボンを履かせるほどの徹底ぷり(さすがに長袖は可哀想なのでやっていませんが、私は夏でもカーディガンを羽織ったりして基本的に肌を出さないようにしています。)

ついでに虫除けスプレーは子供に吸わせたくないので、娘が使うものはジェルタイプがメイン
(いわゆる"ディート"による体への影響を気にしていました。国民生活センターによると"まれに体への影響あり"というレベルですがなんせ初めての子育てだったもんで)

我が家の愛用↓

  


幼稚園登園前や外出時には必ず自宅でジェルを塗布

そして公園など蚊が潜んでいそうな場所についたらスプレーを手足中心にプシュー

(スプレー時には顔をくいっと横に向け、スプレー後は自身の腕をすり合わせて広げている娘^^)

足首から蚊が入ってきたり、服の上から刺されるのも嫌なので服の上からプシューっとやってます。

当然、遊び途中での追加プシューもありです。

こんな通常の対策だけですが、毎日しっかりやることでこの夏の娘の蚊に刺されは1回1ヶ所のみ!!(まさかの頬を幼稚園で刺されてきてた。。。)

とはいえ私自身、子供を産んで子供用に、と買うまでは何もしらなかったのですが、虫除けは概して6ヶ月未満の子供には使えず、それ以降の月齢であっても月齢に応じた1日の使用回数が決められたりしているんです。
(商品の説明は熟読が必要!!)

では、6ヶ月未満だったり、まだ小さな子供の蚊除けはどうすればよいのでしょうか?

我が家の場合ですが、まだベビーカー移動中心の時には、夏とはいえムチムチの美味しそうな肌は蚊の標的になりそうだったこともあり(直射日光を避けたかったのもあり)、ガーゼタオルや手拭いをかけて肌をできるかぎり露出しないようにしてました。

そしてベビーカーのハンドルには電池式のベープをぶら下げて気持ちだけでも蚊対策^^;

 

保育園に行き始めるようになると、お散歩時に虫除けリングやシールを使うよう園から推奨されましたが、私の個人的感覚だとそれらの効果は。。。

実際は遊び場で先生が用意してくれる蚊取り線香や親が登園前に塗っておいたジェルのほうが効果が大きかったのではないでしょうか
(とはいえ、娘としてはお友達と同じようにしたがっていたので、足首にリングをつけてお散歩に行っていました)

そんなこんなな蚊、虫除け対策がにわかにクローズアップされた9月

今後もまだまだ感染が広がりそうなデング熱だけれども、もうすぐ蚊の活動時期も終わりに近づいているのではないか、という期待もチラホラ

必要以上に怖がる必要はないけれど(本当に怖いのはデング熱から一部デング出血熱になり重症化すること)、やっぱりそれなりに個人の対策が必要です。

もうしばらく虫除け、蚊除け対策しっかり続けていきましょう!



よろしければお願いします^^ にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


フィード

このブログのフィードを取得



Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門